生活のようす

干し大根作りをしました。

 ぞう組さんが、干し大根作りをしました。給食先生から作り方を教えてもらいながらしましたよ。以前に、干し芋や干しバナナなどを作った子ども達。干し大根の作り方も興味津々で聞いていました。
 1人が一本ずつ大きな大根の皮をピーラーでむいたり、包丁で切ったりしました。「お家でしたことあるよ!」と手慣れた様子の子や、初めてで緊張しながら慎重にする子といろいろでしたが、みんなとても真剣でしたよ。
 大根の準備ができると、次は紐へ通す作業です。割り箸を使って大根の中心に穴をあけ、そこに紐を通しました。次に、大根と大根の間に空間を作る為にストローをはさみ、大根、ストロー、大根、ストロー…の順番に長くつなげていきました。子ども達が長~くつなげた干し大根は、よく乾く場所に吊るしました。みんな今から出来上がりを楽しみにしています。 玄関からよく見える場所に吊るしてありますので、また見てくださいね。
 昔から家庭で作られていた干し大根。今では作られる家庭が少なくなってきたのではないでしょうか。子ども達に作り方を聞いて、お家でも作ってみられてはいかかでしょうか。
20210128151751_6012570f01816.jpg
20210128151755_601257133e4b2.jpg
20210128151951_6012578779de7.jpg
20210128153918_60125c16ae35a.jpg
20210128153921_60125c198e606.jpg
20210128151600_601256a0ae14f.jpg

スープ作りをしました。

 先日、ぞう、きりん、こあら組で畑で育てた野菜(白菜、かぶ、大根、のらぼう菜)を使って、スープ作りをしました。3クラスの子ども達が一緒になって3チームに分かれて作りましたよ。
 ぞう、きりん組さんは、包丁を使って野菜(カブ、大根、人参)を切りました。“猫の手”を意識して慎重に野菜を切る目は、みんな真剣そのものでしたよ。こあら組さんは、手でちぎれる野菜(白菜、のらぼう菜)を丁寧にちぎりました。ボールいっぱいになった野菜を見て「頑張った!」と、満足そうでした。
 
20210128152102_601257ce44272.jpg
20210128152104_601257d0ef4ee.jpg
20210128152107_601257d36654e.jpg
20210128152217_6012581988c11.jpg
20210128152219_6012581bc8f78.jpg
 それぞれのチームで切ったりちぎったりした野菜を遊戯室へ運び、チームごとに鍋で煮ました。すると、どこのチームからも「おいしくな~れ!」という声が自然に上がり始めましたよ。みんなでスープが美味しくなるようにパワーも送りながら、鍋の中の野菜が煮えるのを楽しみに待ちました。しばらくして鍋の蓋を取ると…。いい匂いの湯気が一気に立ち上りました!それから、もっとスープが美味しくなるように“魔法の粉(コンソメの素)”を入れました。“魔法の粉”を入れた後には、もっといい匂いが遊戯室いっぱいに広がり、歓声が上がりました!
 野菜の苗をたくさんいただいたお礼に、理事長さんをお招きしてみんなでスープを食べましたよ。自分達で育てて、自分達で料理したスープの味は、格別だったことでしょう。
20210128152334_60125866338cf.jpg
20210128152415_6012588fabaa6.jpg
20210128152446_601258ae67113.jpg
20210128152553_601258f1023ae.jpg
20210128152749_601259656ea1d.jpg
20210128152620_6012590c7aed7.jpg

デレクさんと交流会をしました。

 ぞう、きりん組さんで、雲南市国際交流員のデレク ライマンさんと交流会をしました。
 みんな最初は「どんなことをするんだろう…」と、少し緊張した様子でした。でも、デレクさんが自己紹介で用意してきてくれた〇✕クイズですぐに盛り上がり、緊張が解けたようです。 
 デレクさんの故郷であるオハイオ州では、大東と同じように蛍がいるけれど、川や田んぼで生まれるのではなく、草原や芝生で生まれること、地震はないけれど竜巻が起こること、いろいろな動物が住んでいること等々…たくさんの話を聞くことができ、子ども達もそれに引き込まれていましたよ。聞いてみたいこともたくさんあり、手を挙げて質問をしていました。
20210125105852_600e25dcdc408.jpg
20210125105854_600e25dec8f75.jpg
20210125105953_600e261954571.jpg
20210125105856_600e25e0c35b8.jpg
 話を聞いた後は、デレクさんの国の楽しいゲームを2つ教えてもらいました。一つ目は“進化ジャンケンゲーム”。ジャンケンをして勝つ度に進化していく(ゴキブリ⇒金魚⇒鳥⇒さる⇒人間)というゲームです。英語のジャンケンのやり方も教えてもらいました。二つ目のゲームは、デレクさんが目隠しをして合図をしたら、1~4の数字が置かれた自分の好きな場所へ。ストップしたところで、デレクさんが言った数字の場所にいた人がアウトになるというゲームでした。どちらのゲームもすぐにルールを覚え、とても盛り上がって楽しみました!ぜひ、お家の方もどんなゲームだったのかを聞いて、一緒にやってみてくださいね。
 デレクさんとの交流を通して、いろいろな人や文化、世界があることを知り、それが“みんなちがってみんないい”という心の育ちに繋がっていくといいです。この様子は、雲南夢ネットで放映される予定です。またお知らせします。
20210125105955_600e261b6cf26.jpg
20210125110111_600e2667ea69e.jpg
20210125110113_600e2669c4d0e.jpg
20210125110115_600e266b918ba.jpg
<< >>