生活のようす

焼いもをしました。

 澄みきった青空の下で、焼きいもをしました。保育士体験も兼ねていましたので、6名の保護者さんにもお手伝いをしていただきました。
 ぞう組さんやきりん組さんは、園庭に出てくるとすぐに「焼いもの準備する!」と、公園や神社で拾ってきた小枝や杉の葉を運んだり、トタンを敷く手伝いをしたりなどとてもはりきっていました。
 焚き木に火がついて燃え上がると「わぁ~!!!」と歓声が上がりました。火の熱を感じて「熱いね」「もう芋焼けるね!」と、わくわくした様子の子ども達。早速芋を新聞やアルミホイルに包み、火の中に入れる準備に取り掛かっていましたよ。準備ができると「おいしくな~れ!」と、思いも込めながら火の中に芋を入れていましたよ。
 小さいクラスの子ども達も、その様子を興味津々で見ていました。煙の上がる様子やその匂いなど、全身で焼き芋の雰囲気を感じている様子でしたよ。
20201112165340_5facea043d13a.jpg
20201112165334_5face9fe6f5f7.jpg
20201112170551_5facecdff006f.jpg
20201112170556_5facece488062.jpg
20201112165337_5facea01a264b.jpg
 「お芋が焼けたよ~!」という声が聞こえると、すぐにやって来た子ども達。焼きいもを手にすると、「ホカホカ~!!」「おいしいそう!」と嬉しそうにしていましたよ。あつあつの焼きいもを、ふーふーしながらほおばる子ども達、まさに“ほっぺたが落ちそう”という言葉がぴったりな表情をしていましたよ。 秋の味覚を堪能した美味しい時間でした。
20201112165450_5facea4a73851.jpg
20201112165453_5facea4d31996.jpg
20201112165456_5facea50720cd.jpg
20201112165556_5facea8c0b466.jpg
20201112165601_5facea910e32b.jpg
20201112165656_5faceac862ec9.jpg