お知らせnews

令和4年度 新規採用職員「辞令交付式」を執り行いました

2022.4.1

令和4年4月1日(金)9時30分より、法人本部において令和4年度新規採用職員「辞令交付式」を執り行い、今年度は5名の職員を新たに迎えました。
法人理事長が挨拶の中で、「保育の”プロ”として日々研鑽を積み、心身とも最高のコンディションで毎日、保育のステージに向かってほしい」「法人は出る杭は打たない。空気を読まず真っ先に手を挙げてほしい」「”社会福祉法人”の職員としての自覚を持ち、地域社会に貢献してほしい」と激励し、ひとり一人に「辞令書」を手渡しました。
当日は理事、雲南市立かもめ保育園及び大東保育園、みなみかも保育園の園長(理事)も立ち合い、歓迎の言葉を述べました。
最後は新入職員が自己紹介と今後の抱負を力強く表明し、全員で記念撮影に納まった後、早速、子どもたちが待つ配属先(園)に向かいました。
新型コロナウィルスの感染拡大が続く厳しい環境ですが、これからも役職員一同総力を結集してこの難局を乗り切って参ります。
新しい仲間が加わった社会福祉法人愛耕福祉会を今後とも宜しくお願い致します。
20220403121556_6249116cdea58.jpg
20220403121725_624911c5a5c57.jpg
20220403121636_62491194153d3.jpg

『健康経営優良法人2022(中小規模法人部門(ブライト500))』に認定されました

2022.3.9

弊社は本日(3/9)「日本健康会議 健康経営優良法人認定事務局」から『健康経営優良法人2022(中小規模法人部門)』の認定通知を受けました。
弊社は2020年から「健康経営優良法人認定制度」に取り組み、今回で3年連続の認定になると共に、念願の『ブライト500』にも認定されました(※ブライト500とは認定法人のうち上位500法人)。

「健康経営優良法人認定制度」は地域の健康課題に即した取組や「日本健康会議」が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。
経済産業省は「健康経営」の普及促進に向け、「日本健康会議」において本制度設計を行っており、この度、令和4年3月9日付けで『健康経営優良法人2022』を発表しました。

6回目となる今回は、大規模法人部門に2,299法人、中小規模法人部門に12,255法人(島根県内では134法人/ブライト500は2法人)が、「日本健康会議」より認定されました。
弊社はこの度の認定を機に職員の健康増進と働きやすい職場環境の整備に一層の充実を図って参ります。

経済産業省URL
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

 

厚生労働省『治療と仕事の両立支援ナビ』に弊社の取組みが掲載されました

2022.3.3

厚生労働省「治療と職業生活の両立支援」事務局が運営する、治療しながら働く人を応援するポータルサイト『治療と仕事の両立支援ナビ』に弊社の取組みが掲載されました。

社会福祉法人 愛耕福祉会 「両立支援の取組み事例」
https://chiryoutoshigoto.mhlw.go.jp/case/case_74.html

弊社は公的機関(雲南市立病院、協会けんぽ、雲南保健所、産業保健総合支援センター等)と連携して”職員がいつまでも健康に働き続けられる職場づくり”を実践しています。