生活のようす

保育公開をしました(ちゅうりっぷ・さくら組)

 9/8は、ちゅうりっぷ・さくら組の保育公開でした。雲南市の保健師さんに来ていただき、愛着のお話や、ふれあい遊びを紹介していただきました。おうちの方に抱っこされたり、膝の上に座ったりして、とてもうれしそうな子どもたちでした。
 親子のふれあいによって五感や心が育っていき、愛着関係がしっかり築け、子どもの世界が広がり探索活動ができるようになるのだそうです。おうちの方が安全基地となっているというお話をきいている最中に、子どもたちが、遊戯室内を走り回ってはおうちの方のもとに笑顔で戻っていく姿が見られました。まさに、おうちの方は安心できる存在であり、あたたかい見守りの中で安心して自分を出しているという様子でした。
 今回紹介していただいたふれあい遊びは「ペンギン体操」という絵本をもとに、絵本の中のペンギンさんの動きを親子で一緒にするというものでした。決められた動きをするのではなく、子どもの自由な動きを大事にしながら、親子の触れ合いを楽しむことが大切なことだそうです。保護者の方と一緒にペンギン体操をする子どもたちの表情が、いつも以上にキラキラしていたように感じました。
20210908112432_61381ee0e1199.jpg
20210908112435_61381ee31c8fc.jpg
20210908112436_61381ee4c6f8e.jpg
20210908112442_61381eea5531d.jpg
20210908112444_61381eec48049.jpg
20210908112445_61381eede1d47.jpg
20210908112447_61381eef989fe.jpg
20210908112449_61381ef13bcfc.jpg
20210908112440_61381ee880e8c.jpg
20210908130740_6138370c28c86.jpg
20210908130736_613837085c0f4.jpg
20210908163556_613867dc9b72e.jpg