生活のようす

カエルさんが遊びに来たよ!

 今朝の登園時、りす組の網戸にカエルが遊びに来ていました。それを見つけた子が興味津々で見ていたことから、飼育ケースに入れて子ども達の目の前に置きました。ケース越しにグッと顔を近づけてじーっと様子を見る子ども達。中には、「グワッグワッ」とカエルの鳴き声を真似する子もいましたよ。担任がそれに反応して 「♪ かえるのうたが~…」と歌い出すと、喜んで手を叩いたりカエルがジャンプするような仕草を見せたりしました。小さいながらも“カエル”という生き物のことをしっかりと感じているのだな…ということが感じられましたよ。こうした生き物との触れ合いをこれからも大切にしていきたいです。
20200626131511_5ef5764f61f3f.jpg
20200626131510_5ef5764e73c6c.jpg
20200626131508_5ef5764c74456.jpg

歯みがき指導をしました。

 今日は、こあら、きりん、ぞう組を対象に各クラスで年齢に応じた歯みがき指導をしました。事前に歯の紙芝居を見ていたので、歯や歯みがきの大切さを思い出しながら話を聞いている子ども達でした。
 歯みがきの正しいやり方が分かるイラストと大きな歯型の模型を使って、“ ゴシゴシ ” 強く磨くのではなく、“ シャカシャカ ” 軽く磨くこと、1カ所を10回程度磨くことなどを伝えました。
 昼食の後に各クラスを覗くと、熱心に歯みがきをする子ども達の姿が見られました。「きれいになったから見て!」と、次々に子ども達が口を開けて歯を見せてくれましたよ。歯みがきは一生続ける大切な習慣なので、今後も継続してできるように声をかけていきたいです。
20200624160156_5ef2fa64e29cb.jpg
20200624155621_5ef2f9157cd02.jpg
20200624155814_5ef2f986e3585.jpg
20200624155920_5ef2f9c84a441.jpg
20200624160200_5ef2fa6821bfb.jpg

食育のつどいをしました。

 今日は、「よく噛んでたべよう」というテーマで食育のつどいをしました。こあら、きりん、ぞう組を対象に遊戯室で話をしましたよ。
会の前に “ ゆっくり よくかみ おおかみくん ” “ みてみて ぼくの は ” という紙芝居をクラスで読んでもらい、その内容から「よく噛んで食べるとどんないいことがあるか」を思い出してもらいながら話をしました。
 〇虫歯になりにくい。
 〇味がよく分かるようになる。
 〇食べ過ぎない。
 〇頭の働きがよくなる。
 〇お腹にやさしい。
 その中で、よく噛むとこんなにたくさんいいことがあるということが分かりましたよ。また、「何回噛むといいかな?」と聞くと、「30回!」という答えが返ってきました。そこで、“手作り人形よく噛むかんちゃん”と一緒に30回かむ練習をしました。その後、口腔体操をし、“ むずんでひらいて ” “ グーチョキパーじゃんけん ” の曲に合わせて楽しく集中して口を動かすことができました。
 おやつには、大豆とじゃこのかみかみ揚げを食べてよく噛むことを意識していた子ども達でした。“噛むことの大切さ”を知るよい機会になったのではないかと思います。 
20200623164402_5ef1b2c262725.jpg
20200623164322_5ef1b29a6fa02.jpg
20200623164320_5ef1b298e3d50.jpg
20200623164319_5ef1b2976b787.jpg
20200623164316_5ef1b294e4149.jpg
<< >>