生活のようす

交通安全教室をしました。

 今日は、大きいクラスの子どもを中心に交通安全教室をしました。最初に遊戯室に集まり、交通ルールについて話を聞きました。
ペープサートで道路の歩き方や横断歩道(信号)の渡り方を確認したり、実際に保育士が目の前で安全な渡り方とそうでない渡り方をしているのを見たりしました。それを見て今まで園外に出かけた時のことを思い出し、「道路の真ん中は歩いたら危ない!」「道の端っこ歩かんと」「手を挙げて渡るんだよ」など、子ども達からも何に気をつけたらいいのか声が上がっていましたよ。日頃からの習慣がしっかり頭の中に入っている様子でした。
 話を聞いた後は、実際に外へ出て保護者駐車場まで渡ってみました。「渡る時はお家の人と一緒にだよ」「飛び出したらいけんよ」「右を見て、左を見て…」と一つ一つ確認しながら渡りました。送迎時にお家の方とも一緒に今日の約束を確認しながら道路を渡ってもらえると、より習慣として身についていくのではないかと思います。
20200522164209_5ec7825189fe9.jpg
20200522164211_5ec78253e0e78.jpg
20200522164215_5ec78257dfaf3.jpg
20200522164218_5ec7825a655f4.jpg
20200522164221_5ec7825d42366.jpg
20200522164223_5ec7825fc60c0.jpg
20200522164534_5ec7831e0ddf0.jpg
20200522164536_5ec78320ed1d0.jpg
 小さいクラスの子も、りす・ひよこ組テラスから大きいクラスの子が道路を渡る様子を見学しました。「何しているのかなぁ~」と興味津々な子ども達でしたよ。
 ぱんだ組さんは、保育室で簡単に交通ルールについて話を聞きました。小さいうちから繰り返し交通安全のポイントを伝えていくことで、自然と道路を渡る時に気をつけることが身についていくと思います。そのためにも、日頃からみんなで一緒に交通安全について意識していきましょう!