生活のようす

9月の食育のつどい

 今月のテーマは「まごわやさしい~元気なからだをつくる食べ物を知ろう~」でした。 
 最初に給食先生から先月のつどいはどんな話だったか聞かれた子ども達。「バナナうんち!」「まぁちゃんが出てきた!」と、“元気なからだとバナナうんち”の話を覚えている子がたくさんいました。先月に引き続き、“何でも食べる元気なまぁちゃん”が登場するとみんなが喜び、「まぁちゃんはよく噛んで食べてたよね!」「私は魚うんちが出たよ!」「僕はきのこうんち!」と声をかけていました。
 次に手作りの『まごはやさしいポスター』を見ながら、からだに良い食べ物の最初の一文字を繋げると“ま・ご・わ・や・さ・し・い”という合言葉になる話を聞きました。
 ま・・・まめ(豆、大豆製品)
 ご・・・ごはん、ごま
 わ・・・わかめ(海藻類)
 や・・・やさい(野菜、果物)
 さ・・・さかな(魚介類)
 し・・・しいたけ(キノコ類)
 い・・・いも(いも類)
 合言葉の順番に、今日の給食で使われていた食材が出てくると、“まごわやさしい”の食材がたくさんあることに驚いた様子でした。給食を残さずに食べると運動会でも頑張る力が出てくることを知り、「いっぱい食べる!運動会楽しみ!」と言っていましたよ。
 昔から食べられてきた日本の伝統的な食事は、バランスが良く栄養がたくさん摂れます。お家でも“まごわやさしい”を食卓の話題にしてみてくださいね。
 
20210924171801_614d89b96ba8a.jpg
20210924171719_614d898fbb029.jpg
20210924171718_614d898e40350.jpg
20210924172101_614d8a6dbdb28.jpg
20210924171731_614d899b923ce.jpg
20210924171849_614d89e9e3498.jpg

お月見のつどいをしました。

 今日は、十五夜です。 ぞう、きりん、こあら組で、お月見の由来を聞きました。
 十五夜の時期は、秋の収穫物がたくさんある時で、太陽や月など自然への感謝をする日であることを知り、「保育園でもたくさん野菜がとれた!」と、嬉しそうに言っていました。園の畑で摂れたカボチャや、秋の味覚である栗などと一緒にお月見団子をお供えして、感謝の気持ちをもちながらみんなでお団子を食べましたよ。
 子ども達に今日の話を聞きながら、今夜はお家の方でも夜空を眺めてみませんか?大きな十五夜お月様が見られるといいですね。
20210921165823_6149909fcdce2.jpg
20210921165824_614990a0ee085.jpg
20210921170034_6149912287bd0.jpg
20210921165750_6149907edcf1a.jpg

愛耕福祉会3園統一献立でした!

 9/17は、愛耕福祉会三園統一献立でした。

 今月のテーマは『なかよし給食』です。卵、乳製品、小麦を使用しない献立になっています。アレルギー除去食品の代替えとして、大豆製品(豆腐、おから、豆乳)などを使用しています。

 (給食のメニュー)
 ・七分つき米
 ・レバー入りれんこんハンバーグ
 ・キャベツとりんごの豆乳ヨーグルトサラダ
 ・きのこたっぷりカレースープ
 ・梨
 (おやつ)
 ・おはぎ

 レバー入りれんこんハンバーグは、子ども達にも大人気でれんこんの食感がとてもよく、レバーの臭味もなくて苦手な子にもおススメの一品です。「れんこんわかるよ~」「ハンバーグおいしい!」と言って食べていました。
 キャベツとりんごの豆乳ヨーグルトサラダは、豆乳ヨーグルトとマヨネーズが合っていて食べやすいです。子ども達にも「りんごがシャキシャキでおいしい!」と好評でした。
 きのこたっぷりスープは、カレーときのことの相性がよく、きのこがたくさん入っていましたが、おかわりをして食べる子がいましたよ。
 おやつのおはぎは、昔から「秋のお彼岸」に食べられています。この日本ならではの風習を、園でも大切にしています。給食先生から萩の花が小豆の粒と似ているから“萩餅”と呼ばれるようになったことを話してもらいましたよ。実際に本物の萩の花を見ることで、より「本当だ~」と納得していました。
 
 
20210917171745_61444f294d641.jpg
20210917172712_614451605d80f.jpg
<< >>