生活のようす

食育のつどいをしました。

 今月の食育のつどいのテーマは「さかなを知ろう!さかなを食べよう!」です。
 お寿司と魚料理の写真を取り出し、「この料理は何からできているでしょう?」と質問すると、「お寿司だ!」「食べたことある!」「お魚の話!?」と子ども達。すぐにつどいのテーマに気づきました。
 まず始めにクイズをしました。
 ①「魚のいるところは?」  ⇒ 「うみ!」「かわ!」「宍道湖!(よく知っていました)」
 ②「飛ぶことができる魚は?」 ⇒ 「とびうお!!」「ウエルネスまで飛べるんじゃない!?」
 ③「かつお節は何から出来ている?」 ⇒ 「木!(かんなで削った削りカス、よく似ていますね。正解のかつおはなかなか出ませんでした。)」
 その他のクイズも、魚の名前をよく知っていてすらすら答えていましたよ。
 次に、いつも給食で食べている魚を紹介しました。鮭(さけ)、秋刀魚(さんま)、鱈(たら)、鰆(さわら)、鯖(さば)、鰤(ぶり)などの実物大の写真を見ると「すごーい!」「おおきーい!!」と大喜びでした。鮭が川で生まれて海に行き、また川へ戻って卵を産むことや、鰆の大きさがきりん組さんと同じくらいの大きさになることも知り、驚いていましたよ。また、最後に魚にも目や口、胃袋や腸、お尻などがみんなと同じようにあることを聞き、驚いていました。
 元気に海で泳いでいた魚の命を“いただいている”ということも聞きました。そこで「どんな気持ちで食べるといいかな?」と聞かれると、ぞう組さんは「ありがとうの気持ち」と答えていましたよ。食べ物に感謝する気持ちは大切ですね。
 体に良い食べ物の合言葉『まごわやさしい』の中に魚も含まれます。魚を食べてみんな元気に大きくなれるといいですね。
 
20201127112433_5fc0636175f6a.jpg
20201127112436_5fc06364a5ced.jpg
20201127112602_5fc063ba436bb.jpg
20201127112438_5fc0636629c91.jpg
20201127112600_5fc063b8a5520.jpg
20201127112700_5fc063f435056.jpg
20201127112658_5fc063f28ce87.jpg

食育のお話を聞きました(ぞう組)

 ぞう組さんが、雲南市食生活改善推進委員会大東支部の方から3つの大切な食育のお話を聞きました。
 一つ目は、“味を感じる”ということについてです。お菓子やレモン、唐辛子などを順番に見ながら「これはどんな味がするかな?」と聞かれると、「甘い」「酸っぱい」「辛い」とすぐに答えた子ども達。食べ物それぞれに味が違い、それを感じることは大切なことだということを教えてもらいました。
 二つ目は、“命をいただく”ということについてです。「いただきます」「ごちそうさま」という言葉には、作ってもらう人への感謝と、牛や豚、野菜など命をもっているものから栄養をいただく感謝と二つの意味があることを教えてもらいました。いつも何気なく使っている言葉ですが、その意味を知ることでより大切に心を込めて言えるようになるのではないかと思います。
 三つめはいろいろな食べ物をバランスよく食べることの大切さです。しっかり食べることで病気に負けない元気な体になれることや早寝・早起き・朝ご飯の大切さを教えてもらいました。
 来年の4月から1年生になる子ども達。毎日学校までの道のりを歩いたり勉強をしたりする為には、食べることも大切なのだということが分かり、「たくさん食べる!」とはりきっていましたよ」。
 
20201125164553_5fbe0bb1e6ff6.jpg
20201125164556_5fbe0bb4c1263.jpg
20201125164641_5fbe0be1bc85f.jpg
20201125164643_5fbe0be39dc0f.jpg
20201125165016_5fbe0cb8386f2.jpg

消防車が来たよ!

 今日は、雲南消防署から3名の消防士さんに来ていただき、地震の避難訓練をしました。
 大きな消防車が園の方へやって来るのが見えると、「あっ!消防車が来たよ!」と大喜びの子ども達。大きなクラスの子ども達には事前に「消防士さんが、みんなの避難訓練を見に来られるよ。」と伝えていたので、よりはりきっていたようです。 避難訓練が始まると、安全な場所(ロッカーの中やテーブルの下など)を見つけて入ったり、頭を守るような姿勢をとったり…以前経験した避難訓練のことを思い出しながら自分の身を守っていましたよ。
 小さいクラスの子ども達は、担任と一緒に安全な場所に隠れたり、布団をかぶって頭を守ったりしました。揺れが治まってから園庭に避難して消防士さんのお話を聞きました。まず、避難の様子を「100点満点でした!」と褒めてもらい、嬉しそうな子ども達。それから、地震の時の約束、お(押さない)・は(走らない)・し(しゃべらない)・も(戻らない)・ち(近づかない)という言葉を教えてもらいましたよ。
 その後は、楽しみにしていた消防車の見学をしました。近くで見る消防車をじーっと見たり、「わぁ~!!」という歓声を上げたり、「これは何だ?」といろいろ質問したり、それぞれに“消防車ってすごいな”と感じたのではないかと思います。
 
20201125133017_5fbdddd9d105a.jpg
20201125133233_5fbdde618bef2.jpg
20201125133145_5fbdde3193fd0.jpg
20201125133235_5fbdde63c5cc3.jpg
20201125133020_5fbddddc7ebf5.jpg
 見学が終わった後に、職員向けに消火訓練もしました。3~5歳児の子ども達はその様子を見学し、担任が訓練する姿を「頑張れ-!!」と応援していましたよ。子ども達は実際にはしませんでしたが、「あんな風に(消火器を)使うんだ~」と知ったり、「保育園のどこに何個消火器があるか調べてみる!」と言ったり、消火器の大切さを学んだようです。
 地震はいつ起きるか分からない災害です。日頃から“どうやって自分の身を守るか”ということを考えることができる力がつくといいです。
20201125133353_5fbddeb1d1058.jpg
20201125133356_5fbddeb40b06d.jpg
<< >>